こぎん刺し。

こぎん刺しpattern / 生地の目が細かすぎて、こぎん刺しには適さないことが分かった。笑。


-試し刺し
綿布、刺繍糸


刺繍って、ぶりぶりのカワイイ柄ばかりってイメージから嫌煙してたけど、

日本独特の刺繍はなかなか奥が深い。

たまたま見つけた本から知った、こぎん刺し

(※こぎんは刺繍というよりは、刺し子ですが…。)



単純なパターンの繰り返しから、絶妙な柄を生み出す。

元々、生地を補強するために刺すらしい。

鞄の底や、肩掛け紐に。

洋服だと、肘や膝、または靴下のかかとに施してもいい。



まずは、くるみボタンを作ってみようと、小さい生地でお試し中。

選んだ生地の目が細かくて、時間かかりまくり。

慣れてきたら、サッサと刺せるものなのかしら?

不安になりつつも、出来上がってくると、なんだか愛らしい。

悪くない。悪くない。

もうちょっとやってみよう。

popular posts

日々葛藤。