マシュマロが決め手、チョコバー。

チョコバーのレシピは続きを見てね。
-自家製グラノーラを使ったチョコバー
チョコバーのレシピは続きを見てね。


グラノーラって単体だと、ぼそぼそこぼれたりして

食べにくさを感じることがありますよね。

それに健康食品ぽさがあるというか、なんというか。笑。


先日、グラノーラをもとにチョコバーを作る事が出来るらしい

ということを知りまして、早速作ってみました。


■材料
・グラノーラ ----- 適量
・バナナチップ ----- 適量
・マシュマロ ----- 適量(片手でひとつかみくらい)
・バター ---- ひと片
・板チョコ ---- 半分
※バナナチップはなくてもいいけど、あるとチョコバナナになるのでおすすめ。
グラノーラ以外にも足したいドライフルーツなどあればどうぞ。


■道具など
・電子レンジを使うので、耐熱ボウル
・しゃもじか大きめのスプーン
・フタ付き浅めで平らなタッパー
・タッパーの中に入れたものを包めるくらいのサイズのクッキングシート
・チョコを均すための、底が平らな瓶など
・まな板と包丁

■レシピ(作ったときのメモ)
・バナナチップをグラノーラの粒の大きさに合わせる感じで砕く
少量でもバナナチップは強めなので、砕いておいた方が無難。

・板チョコも砕いておく
バレンタインのチョコを作る時に砕く要領で。笑。

・耐熱ボウルに砕いたチョコ、マシュマロ、バターを入れ、
30秒〜40秒程度電子レンジで温める。

・マシュマロがブワーっとふくれたところで耐熱ボウルを取り出し、
グラノーラ、バナナチップなどを入れ、グワッと全体を素早く混ぜる。
迷ってるヒマはありません。
ちょっとの失敗?と思うことがあっても突き進むが吉。

・全体が馴染んだら、タッパの上にクッキングシートを敷いて、
その上に耐熱ボウルの中身をすべて移す、均す。
クッキングシートは大きめにしておき、チョコたちを包む、
そして瓶の底のようなもので平にならします。
ここでカタチが決まっていきます。早さ勝負。

・平になったら30分程放置。
あら熱が取れて固まってくるの待つ。

・その後、包んだクッキングシートを空けてみて、
シートごとまな板などに移し、包丁でカット。
少し固いよ。

・カットできたら、またクッキングシートごとタッパーに戻し冷蔵庫で冷やす。
冷やす前に食べても美味しいよ!
保存はこの状態のまま冷蔵庫で冷やしておくのが無難。


カワイイ紙コップとかにさして持って行くと簡単です。
-完成したチョコバーとピクニック
カワイイ紙コップとかにさして持って行くと簡単です。


■食べてみて
なんかスニッカーズみたいになりますよ!
すっごく美味しい♡
私、マシュマロ、ものすごく苦手なんですが、
これが元マシュマロだったことは思い出せません!笑。

チョコそのままを食べるよりもきっとヘルシー。
噛み応え、食べ応えあるのでおやつに最適です。
もちろんピクニックにもいいですよ〜。
※写真参照

途中の30分放置を短縮すれば、それこそ全部で30分程の作業です。
古くなってそのままでは食べにくいグラノーラとか、
ちょっとフライパンで炒ってから作ると、あら不思議、スゴい復活を遂げてくれます!
材料さえあればすぐ出来るのでお試しあれ。

popular posts

4月。