Kudak Pro アプリの特性を活かす撮り方。

KudakProアプリで撮った写真。
-落書き、を写真で撮ってみた。
Kudak Pro アプリで撮った写真。


ちょっと出遅れた感あるけど、

Kudak Pro アプリを試しました。

確かにちょっと雰囲気というか、ニュアンス増しな感じ。

なんだよ、ニュアンスって感じだけど。笑。

わたし的に、このアプリの特性を活かせそうな撮り方は、次の2点。

・ちょっと引き気味で撮る。

・光多めで撮る。

いつもならもっとヨリで撮るところを、

引いて、余白を作る感じで撮ると

昔インスタントカメラで撮ってた写真に近くなる気がする。笑。

あとは、光が多い(強い)ところがあると、

ボワーっとしたり、存在しない色のリングができてたり、

偶然の産物っぽいのができます。(この説明でいいのか?笑)

プレビューで見てた時よりも、ちょっとエフェクトかけたような仕上がりになるので、

このポイントを抑えて撮ると楽しいと思う!

わたしもまだまだ研究中。

>> Kudak Pro Disposable Cam | App Store

>> Kudak Pro | Google Play

写真で持ってた絵はこれです↓
スケッチブックとペン。

popular posts

JANUARY